続いて『中学校英語』についてです。

今回の改訂は非常に大きな改訂となります。小学校での外国語が
教科化したため、中学校の外国語は初習の教科ではなくなります
改訂される中学校英語の目標は以下の通りです。

0001

これまでは『聞くこと』『読むこと』『話すこと』『書くこと』の4技能でしたが
今回の改訂から『聞くこと』『読むこと』『話すこと(やりとり)』『話すこと(発表)』書くこと』の
5領域と呼ぶようになりました。
大きく変わる点として●授業内の会話やディスカッション
●みんなの前で一人で英語でのプレゼンテーションが増えます。

私が一番気になっている点。

それは『習う英単語の数の増加』です。
現行の中学校での指導単語数は1200語程度となっています。
これが改訂後に1800語程度に変わります。
しかし、前のブログでもお伝えしたように小学校の教科化に伴って
小学校で700語程度の英単語が指導済みになります。
これまでは中学卒業時に習う単語数は純粋に1200語程度。
それが改訂後は小学校から中学卒業時に2500語程度習うことにとなります
サイズだけで言えば倍近くに膨れ上がるという未知の領域。

現状、英単語をなかなか覚えることの出来ない生徒も多くいます。
それを考えると、非常に不安もあります。
私たちも2020年を見据えた指導法を今から考えなくてはなりません。
そして今からしっかりと準備をする必要があると考えています。