先週から行っている、新中3Sクラスの数学の発展演習。


問題は学調・入試問題レベル。


その結果の分布です。


50点満点のテスト。


結果は分布のように、1ケタから48点までのバラバラの得点分布になっています。


でもこのメンバーの学年末の数学のテストの得点分布は赤色のグラフ。

平均47点以上。

その塾生たちの演習問題テストの結果が青色のグラフ。

これが現在の実力問題のレベルの差。

最後の入試のときには、、全員が同じレベルになっていきます。

そのための、道のりは楽なものではありません。

スタート地点は、みんな一緒では無いということです。

このようなデータも、受験生になる新中3生には必要なことです。

この結果はいつものとおりです。

心配することではありません。

でも、何もしなかったら、このままです。

pdf1