受験生の中でも特進生は毎週模試が行われています。


模試のたびに各教科の偏差値が変動する。


昨日ひとりの特進生が模試の偏差値を見ながら、私は何が得意か不得意かわからなくなってきた。


そんなことを言っていました。


その話はちょうど特進コースがスタートするころに話してきました。

好きな教科、嫌いな教科はあるが、

偏差値が高い教科、低い教科はそれとは違う結果になる。

得意・不得意がわからなくなる。

それで模試の意味があります。

今回の成績は、昨年の特進生と同じ模試の結果を合体しています。


そして、先輩の合格高もわかるようにしています。

少しずつ自分の目標高を見て、自分の勉強を見直す時期に来ています。

そして、テキストの進度も書いています。

特進生はページが進んでいる子ほど、得点が高くなっています。

勉強量が成績を上げています。

昨年の特進生の成績も私のデータに入っています。

全員合格は、気合だけ・がんばりますだけではできることではありません。

先輩たちが残してくれたデータが北浜校の財産です。


Book2.pdf1