期末テスト前、1週間。


がんばっている受験生に、もう一段ギアをあげるための話をしました。


そして、データの掲示。


それを見た受験生たちは、危機感とともに、あと1週間の自分のやるべき目標ができたはずです。



その掲示は、内申のデータ。


2学期の目標は内申アップ。


自分の内申点の位置。

受験可能にするための内申点は、そのなかで自分の位置。


同じ行動をしている友達は、もっと内申が高いかも知れない。


そのなかで自分の行動を変えていく。


あと1週間しか無いじゃん。

そんな言葉が出ました。


1週間前だから話した言葉です。


なぜなら、1ヶ月前に話したらどうなるか。


それなら、いま1ヶ月後の学調テストに向けての話をしたら、行動が変わるのか。


それは無いなぁ。

そんな会話がありました。


それだから今、話しました。


それだから、今ギアを上げるので。

ここから1週間もっとも質の高い勉強をしてもらいます。