昨日の中3の内申アップ対策の授業の最後に、


子供たちに向けて話をしました。


ここ数回の授業の様子を見て、


夕方からの内申アップ対策そして通常授業と、


中3生はがんばって勉強しているように見られます。

でも、なにか違います。


学校がはじまり、学調も終わって、

体育大会、合唱コンの準備と、学校の行事の雰囲気にのまれているようなかんじ。

2学期は学校行事も大切なこと。

でも、夏の三者面談のときに話したこと、

2学期は内申をとるための大切な学期。

そのことを忘れている気がします。


中3生は、夏休みは桐光でみんなと一緒にがんばってきた。

まわりは桐光の生徒だけなので、勉強するしかない環境。

夏のほうが真剣に勉強していた。

今は、学校が始まってみんなは周りの空気に同調して、

なんとなく、ふわふわした感じで勉強してしている。


聞いていた中3生は、言われた言葉にうなずいていました。

夏の方が勉強していた。

そんなことも言っていました。


ここからテストまでの2週間は、夏のときの気持ちに戻して勉強していく。

この2週間は、すべての時間をテスト勉強の時間にしていく。

この2週間やらなくて、後から後悔するなら、

無理してもやっていく。あとでやっておけばよかったと思わないように。


そのつもりで、がんばっていこう。


みんなは、うなづいてくれたが、

少し気持ちも変わってくれることを期待しています。

ふわふわした気持ちを、自分の行動でずしっと重みを持たせてほしい。

この気持ちが通じてくれると信じています。