みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか?
北浜校で英語の指導を担当しており、ここ数日は、テイクアウトの料理を取りに行く時間が一番ワクワクしている相馬です。

私は北浜校の先生の中で唯一、毎回の授業で塾生たちにノートをとらせています。
黒板への板書(生徒はノートに写す)に時間を割いています。それでいて、演習量は少なくない。どうやって、板書授業と演習量を両立しているんだ?そう思う親御さんもいらっしゃるかと思いますが、そうですね…まぁ❝うまくやっている❞ということで、あとはご想像にお任せします。
そういうわけで、私の授業にノートを持参しないのは致命的
補習(プラス授業)を除けば、基本的に週一回の授業なわけですから、限られた時間の中で、大事なポイントだけを伝えているのです。積み重ねた授業の軌跡をノートに残し、生徒のみなさんには、どんどん価値あるノートにしていってもらいたいです。

ここからの内容は主に中3向けです。

先日blogにも書きましたが、内山先生が組んでくれたコロナ対策授業の中で、私は学校で本来学ぶべき6月上旬ぐらいまでの英文法を人通り教え切りました。
しかし!
私のインパクトのある、そしてわかりやすい授業を聞いたからと言って、もうわかったつもりではいけません。そんな甘くはありませんよ?
❝塵は自然に積もるが、つもりは積もらない❞
ちょっと何を言っているかわからないかもしれませんね。

笠井校の影山記代先生が、かわいいイラスト付きで要点解説のblogを載せていたので、私も北浜校の中3に教えたことを復習してもらいたくて画像をこうして載せています。※上の笠井校のところをポチッするとその記事へジャンプできます

中3諸君
中2の最後に習った【受動態】と、この【現在完了】は超が付くほど大事なの。
時間はたくさんあるでしょう?
この記事を読み、そしてもう一度私の英語授業のノートを見て、最高に充実した【ステイホーム時間】を過ごしてもらいたい!

継続完了

経験