中1生の親御さんは、初めての期末テストでどんな点数や順位をとるのか、

楽しみと、不安の両方だと思います。

残念ながら今回は東部中の期末テストはおこなわれませんが、

北浜中の子たちといっしょにテスト対策をおこなっています。

なかには、北浜中の子より東部中の子の方が一生懸命勉強している子もいます。

中1の最初のテストだけに、勉強して、満足のいく結果になってほしいと思っています。

ただ、ここにきて中1生のテストに対する意識の差が大きく開いてきました。

中2.3の塾生より塾に来て勉強している中1生。

追試や自主勉に来ている中1生は毎日20名くらいいます。中2.3より多いです。

それも、部活の帰りに寄って勉強していく子もいます。

そんな中1生を見ていると、しっかりテスト勉強ができている、そして自分の勉強する意味がわかっている。

そんな気がします。

テストでがんばりたいから、あの子に負けたくないから、

しっかり中学生のテスト勉強にスイッチしています。


残念ながら、中1生の中にはまだ小学校のときと同じ感覚でテストを考えている子もいます。

〇別に勉強しなくても、なんとかなると思っている。

〇勉強するより、ほかにすることが優先されている。

〇テスト期間のこの時期に、夜家でダラダラ時間を過ごしている。

今こんな感じでテスト勉強をしている子がいます。



昨日は、中1の子供たちに話をしました。

今週になってみんな塾に来て、追試や宿題をやっているのに、毎日家にいて午後7:35~10:00間に何をしているのか、

他の子たちが頑張って勉強しているときに、家で寝ていたり、テレビ、スマホをしていることが不安になってほしい。

テスト前の今だけでも、自分の意識を変えてほしい。

テストが終わったらちょっと休憩してもいい。


いまは一番がんばるとき、いまは塾に来て勉強するとき。

みんなが来るのを先生たちはまっている、質問がくるのをまっている。

私の今の気持ちを子供たちに、ぶつけました。


テスト期間は自分のやりたいことを我慢して、嫌いな勉強をするとき、

それが自分の成長につながります。

テスト対策をおこなうごとに、子供たちは成長します。