こんにちは。
月水の英語指導を担当している相馬です。
今週はテスト前ということで、月曜から毎日午後5時~10時の間で、ずっと校舎に入りびたりで勉強する子や、一度食事しに帰宅してまた来て頑張る子などで、北浜校は"成績アップ虎の穴"と化しています。また天候が悪いにも関わらず、車でのご送迎や食事の段取りを桐光に合わせてくださり、親御さんのご協力にも大変ありがたいという思いでおります。

さて、
特に中3は主要5教科の勉強は当たり前として、いわゆる"技能教科(音/技家/保体)"の学習の時間を、連日のテスト対策日程の中でかなり時間を割いています。これは『1学期の成績が2学期の内申点に影響を与える』という内山先生の考えがあるからです。特にコロナ禍で実習などが少なくなっている関係で、この内山先生の想定はきっと的中するでしょう。だから我々教師たちも中3塾生たちも一致団結で取り組んでいます。

そんなわけで、私には普段と違う状況があります。
それは…
『技能教科の質問に答える機会が多い』
ということ。

アーティキュレーション4種類の違いを覚えるには?
[旋律]って何ですか?
なんでこの曲は4分の2拍子なんですか?
4分の2拍子は、約分して2分の1拍子にはならないのですか?
(音階の)ドの下にある音符は何ですか?
ビタミンAとベータカロチンって同じですか?
ファイアーウォールと火(ファイア)は関係ありますか?
細菌とウイルスの違いは何ですか?
免疫と抵抗力の違いは何ですか?

などなど、普段我々が遭遇しない質問が山のように出てきます。
だいたいのこういう質問にも答えられますが、専任教科ではない分野のことは詳しく知らないこともあるので、一緒にその疑問と向き合うことにしてきました。
なんだかそういうのも楽しいですね。
楽しいというのもあれですが、意外な発見があったり、よくそんなことまで知っているね!と、教え子をリスペクトできる瞬間があったり、そういう非日常の喜びがそこにはあるのです。

今日も学びの喜びを、
みんなと共有できますように。

DSC_0029
15941328834950