今年の1学期の北浜校は子供たちの姿勢がいつもと全然違っています。

1つ例をあげるなら、

この時期は部活もきつくなり、暑さもあり、疲れた様子の子供たち姿が毎年のことでした。

授業のギリギリに疲れた顔で教室に入ってきます。

今年は授業の前個別をすすめています。

午後6:40から来て個別を受けて授業を受ける。

当然部活をやってきています。

その時間の個別が一番予約が多く入ってきます。

今年の中学生はすごい。そんなことを思っています。

お兄さんお姉さんのときにこんなに個別をやっていました。

そう聞かれたこともありました。

子供たちの能力はすごい。

私たちが無理だろうと考えていることを、どんどんできるようになっている。

一人では怠けてしまうことを、みんなでやると自分もやらなくてはと思う力。

その能力を中学生は持っています。

今の北浜校はまさにその流れになっています。

個別授業がいっぱいだから、自主勉に行こう。

昨日、中1の子がそんなことを言っていました。

中1生までその空気が流れています。

そのながれは大切にしていきたい。


そんな中で、どうしても個別や自主勉に参加できない子たちもいます。

日程的に、気持ち的に、

いろいろな要因でちょっと止まっている子もいます。

ずるくてやっていない子は、どんどん声を掛けますが、

どうしてもの子には、話をしています。

自分なりにがんばっていけばいいよ。

いまはちょっと無理をしなくてもいいよ。と話をして、聞いてあげます。

そんな声掛けをした子たちが、昨日塾に来て自主勉強していました。

ちょっとがんばって来たみたいです。

その子たちの姿を見てにっこりしました。